世界初の民間企業による有人宇宙飛行20 周年を記念したボールウォッチ『エンジニアハイドロカーボン スペースマスター Ⅱ』

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。
❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。
❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

2004 年、スケールド・コンポジッツ社は高度約100 km(カーマン・ライン)の宇宙空間に向けた弾道飛行を成功させ、世界で初めて民間企業による有人宇宙飛行を実現した。この偉業を成し遂げた有人宇宙船「スペースシップワン」のパイロットがボール ウォッチのアンバサダーを務めるブライアン・ビニーだった。そしてこの偉業から20 周年を迎えた今年、その栄光を讃えて世界限定500 本の「スペースマスター Ⅱ」が発売される。

エンジニアハイドロカーボン スペースマスター Ⅱ

 第2 機目となる「エンジニアハイドロカーボン スペースマスター Ⅱ」には、時計に衝撃が加わった際にヒゲゼンマイが必要以上に動いてしまわないように慣性を抑制し、規則正しく伸縮運動できる元の位置に早くヒゲゼンマイを戻すように復元力を高める「スプリングロック耐震システム」を新たに追備している。文字盤9 時位置のマークはそのフライトを成功させた時の飛行記録や軌道などが描かれている。

飛行記録や軌道

チタンケース ✕ SSベゼル

ボール ウォッチ「エンジニアハイドロカーボン スペースマスター Ⅱ」ref.DM2276A-S4CJ-BK
自動巻き(cal.RR1102-C)。26石。2万8800振動/時。C.O.S.C.認定クロノメーター(BALL オフィシャルスタンダード精度保証 -2 秒~+4 秒/日)。パワーリザーブ約38時間。Tiケース(直径42mm、厚さ16.5mm)。耐衝撃性:7,500Gs (高さ 1.5m から自由落下にて木の床に落とした時に受ける衝撃と同等の衝撃テストを実施)。耐磁性:1000ガウス(80,000A/m)。ミューメタル製インナーケース内蔵。針・文字盤に15個の自発光マイクロ・ガスライト。300m防水。世界限定500本。44万円(税込み)。
SSケース ✕ セラミックベゼル

ボール ウォッチ「エンジニアハイドロカーボン スペースマスター Ⅱ」ref.DM2236A-S4CJ-BK
自動巻き(cal.RR1102-C)。26石。2万8800振動/時。C.O.S.C.認定クロノメーター(BALL オフィシャルスタンダード精度保証 -2 秒~+4 秒/日)。パワーリザーブ約38時間。SSケース(直径42mm、厚さ16.5mm)。セラミックベゼル。耐衝撃性:7,500Gs (高さ 1.5m から自由落下にて木の床に落とした時に受ける衝撃と同等の衝撃テストを実施)。耐磁性:1000ガウス(80,000A/m)。ミューメタル製インナーケース内蔵。針・文字盤に15個の自発光マイクロ・ガスライト。300m防水。世界限定500本。44万円(税込み)。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。
❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。
❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

PATEK PHILIPPEパテック・フィリップ ノーチラス パワーリザーブ&ムーン 5712/1A-001 スーパーコピー

PATEK PHILIPPEパテック・フィリップ ノーチラス パワーリザーブ&ムーン 5712/1A-001

PATEK PHILIPPEパテック・フィリップ ノーチラス パワーリザーブ&ムーン 5712/1A-001

PATEK PHILIPPEパテック・フィリップ ノーチラス パワーリザーブ&ムーン 5712/1A-001


2006年にノーチラス生誕30周年を記念して発表された5712/1A-001。
前年にノーチラス初のバリエーションモデルとして3712/1A、通称”プチコン”が発表されたものの、わずか1年で生産終了。

まるで5712の発表に向けてのテストとでも言わんばかりのモデルでした。

生誕30周年に際しフルモデルチェンジとなったノーチラス。
3712もデザインはそのままに3ピース構造の5712へと生まれ変わりました。

シンメトリックな美しさを持った5711と比べると、パワーリザーブにポインターデイト、ムーンフェイズにスモールセコンドと複数の機構が搭載されたダイヤルは一見すると窮屈なようにも感じるかもしれません。

しかし、それぞれの機構が無駄なくバランスよく配置され、5711とは明らかに違いながらもノーチラスの持つラグジュアリーさを損なうこと無く、アシンメトリーの美しさへと昇華しています。

ベースムーブメントであるCal.240にプチコンモジュールを加えた形であるCal.240 PS IRM C LU。
続くアルファベットはそれぞれ『PS:スモールセコンド』、『IRM:パワーリザーブ』、『C:カレンダー』、『LU:ムーンフェイズ』を表しています。

これだけの機構を盛り込んでいるのはもはや“プチ”コンプリケーションを超えているのでは?とも思えてきますが、特筆すべきはその薄さ。

ジェラルド・ジェンタ氏がデザイン上で最も重要視していたのは着用感とも言われており、そのためジェンタ氏がデザインしたノーチラスやロイヤルオーク、オメガのCラインなどはとても薄型に設計されています。

ムーブメント自体の厚さは約3.98㎜。
ケース厚にしても8.52㎜と驚愕の薄さとなっています。

マイクロローターの採用や、5時位置にオフセットされたスモールセコンドなど、厚みを増やさず組み込むために様々な工夫がされています。

6気圧の防水性を持ち、複数の機構を盛り込みながらも極めて薄くまとめ上げられたノーチラス”プチコン”。
ポリッシュとサテン仕上げの絶妙な組み合わせにより腕元を優雅に彩ってくれる1本となっています。

ぜひこの機会にご検討ください。

▼今回ご紹介したモデルはこちら

PATEK PHILIPPEパテック・フィリップ ノーチラス パワーリザーブ&ムーン 5712/1A-001

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それでは、素敵な時計ライフをお過ごしください。

ロレックス サブマリーナー デイト 41 126613LN

ロレックス サブマリーナー デイト 41 126613LN
ロレックス サブマリーナー デイト 41 126613LN
ロレックス サブマリーナー デイト 41 126613LN

イエローゴールドを各所に取り入れたラグジュアリーなコンビモデル。高級感と大人なムードが一気に上がります。
ステンレスモデルに比べると街で見かける頻度もぐっと少なくなるので、個性を出したい方や「ワンランク上」の優越感を楽しみたい方にピッタリです。

バックルにも美しくイエローゴールドが。ステンレスモデルに比べるとやはりキズは目立ちやすいのですが、
そこはスポーツモデルのサブマリーナー、ガンガン使い込んで自分の物にしている感じが絵になるモデルです。
キズが増えていくところもお楽しみいただけたらと思います。

上手くスーツに合わせられたらかなりのお洒落上級者かと思いますが、カジュアルなら意外と使いやすいです。
きれい目なニットやジャケットはもちろん、アメカジにももちろん似合うのはお好きな方なら言わずもがなかと思います。ぜひご自身のスタイルでお楽しみいただけたら幸いです。

いかがでしたでしょうか?
抜群の安定感、王道サブマリーナー。まだ使ったことが無い、という方にはぜひ手に入れて頂きたいモデルです。
きっとその人気の理由を感じて頂けると思います。

当店のサブマリーナーシリーズ在庫はこちらからご覧ください。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

それではお読みいただきありがとうございました。
良い時計ライフをお過ごし下さい。

2023新作 ポルシェ・デザイン「クロノグラフ1 – ポルシェ75周年記念モデル」

A Dream Come True – 夢の実現

ドイツ、シュトゥットガルト。フェリー・ポルシェは自分が夢に描くスポーツカーを見つけることができず、それを自ら作り上げました。パネライ スーパーコピーそしてポルシェ356 No.1 ロードスターを世界に披露してから75年の歳月が流れました。一人の男の夢から始まったものは、典型的なサクセスストーリーの基礎を築きました。それは、「Driven by Dreams(夢に駆られて)」という文化、目的、考え方の誕生でした。ポルシェは常に現状に甘んじることなく挑戦を続け、2023年で75周年を迎えました。デザイン、エンジニアリングの卓越性、そして忍耐の75年です。この記念日を祝うためにポルシェ・デザインは2023年の新作として、クロノグラフ1 – ポルシェ75周年記念モデル(Chronograph 1 – 75 Years of Porsche Edition)を発表しました。

The Porsche Legend for the Wrist – ポルシェの伝説を手首に
ポルシェ・デザインは、この記念日とポルシェ スポーツカーの活気に満ちた伝統に敬意を表し、475本限定のクロノグラフ1の特別エディションを発表しました。1972年発表の初代クロノグラフ1は、ポルシェ・デザインの最初の製品であるとともに、世界初のオールブラックの時計であり、時計の世界に革命をもたらしました。ポルシェ911と同様、フェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ教授によって考案され、伝説のスポーツカーと同様に、デザインとエンジニアリングの完璧なバランスを体現しています。反射防止加工がなされたマットブラックのダイヤルは、ポルシェ911のコックピットのダッシュボードからインスピレーションを得たものです。両面にハード・コーティングが施された7層の反射防止加工と傷の付きにくいサファイア・クリスタルにより最適な視認性を確保します。タキメーター・スケールと日付/曜日表示には、有名なポルシェ・フォントが採用されています。サファイアクリスタルのケースバックから見える自動巻きムーブメントのローターは、ポルシェ・クレストが付いた象徴的な初代911に純正採用されていたフックス社製アロイホイールの形状をモチーフにしています。

The Perfect Combination of Tradition and Innovation – 伝統と革新の完璧なコンビネーション
ツッフェンハウゼンのスポーツカーのデザイン、テクノロジー、製造は絶えず進化を遂げており、スイスのゾロトゥルンにあるポルシェの自社時計工房も同じインスピレーションを共有しています。クロノグラフ1 – ポルシェ75周年モデルは、1972年のオリジナルと比較して数多くの点で改良がなされています。例えば、ケースはステンレスティールの代わりに、軽量で耐久性があり、低刺激性のチタニウム製です。特別に開発されたテキスタイルストラップには、ポルシェ75周年記念ロゴの色である、ライトブルーのステッチ、センターにはレッドの編み込みがなされています。またブラックに同色のステッチが施されたレザーストラップが付属します。ストラップはクイックチェンジ・システムにより、瞬時に交換することができます。搭載されているCOSC認定を受けた自動巻きムーブメント、キャリバーWERK01.140が最高の精度を保証します。すべてのポルシェ・デザイン タイムピースと同様、クロノグラフ1 – ポルシェ75周年モデルも精密に手作業で製作されています。ケースバックに刻まれた限定番号と75Yのロゴは、この時計が特別なものであることを強調しています。
クロノグラフ1 – ポルシェ75周年記念モデルは、全国のポルシェ・デザイン指定販売店にて購入することができます。

Chronograph 1 75 Years of Porsche Edition
クロノグラフ1 – ポルシェ75周年記念モデル
Ref:6041.7.01.005.01.7
ケース径:40.80mm
ケース厚:14.15mm
ケース素材:チタニウム(ブラック チタニウム・カーバイド・コーティングとグラスビード・ブラスト)
防水性:10気圧
ストラップ:ブラックにライトブルーのステッチ、センターにレッドの編み込みが入ったテキスタイルとレザーのコンビネーション・ストラップ、チタニウム製フォールディングクラスプ、クイックチェンジ・システム、ブラックレザーストラップが付属
ムーブメント:自動巻き、Cal.Porsche Design WERK 01.140 COSC、毎時28,800振動(4Hz)、約48時間パワーリザーブ、25石、COSC認定
仕様:時・分・スモールセコンド(9時位置)・日付・曜日表示、30分積算カウンター(12時位置)、12時間積算カウンター(6時位置)、シースルーケースバック
限定:475本
価格:1,650,000円(税込)

スウォッチが40年前の「もしも」を実現。新作「BIOCERAMIC WHAT IF?」とは

スウォッチは、独自のバイオセラミックを使用する新作スクエアウォッチコレクションを発表した。「もし1982年考案モデルにラウンドではなくスクエアシェイプが選ばれていたら」という「IF(イフ)」がコンセプトになった本コレクション「BIOCERAMIC WHAT IF?」は、4つのカラーリング、デザインで展開される。

スーパーコピー 代引き専門店

バイオセラミックが実現した「BIOCERAMIC WHAT IF?」コレクション
 1982年、スウォッチの創業者たちは画期的な新作モデルの開発に際し、多くのプロトタイプを作成したが、その際ラウンドとスクエアシェイプのどちらを選択するかの決断に迫られた。結果は知っての通り、ラウンドシェイプに軍配が上がり、ブランドの40年の歴史は成功のストーリーを辿ることとなった。当時、もしスクエアウォッチを選んでいたら?という「IF」を実現し、その道のりを進む第一歩目となるコレクションが登場した。

スウォッチ「BIOCERAMIC WHAT IF?」
カラーリングはブラック、グレー、グリーン、ベージュの4種が展開され、モデルごとに「WHAT IF…BLACK」のようにカラーに合わせた名称が付けられている。クォーツ。バイオセラミック(縦33mm×横33mm)。2気圧防水。各1万5400円(税込み)。

 スウォッチは本コレクションの開発に際し、1982年以降のスクエアウォッチのプロトタイプを見直し、挑発的かつ反骨精神を備えた新作を目指した。その実現に大きく貢献したのが、ムーンスウォッチにも採用された独自素材バイオセラミックの採用だ。セラミックパウダーとバイオ由来の素材から成るバイオセラミックは、驚異的な強度と耐久性を特長としている。

 新作ではこの革新的な素材によってスクエアシェイプの強度などといった課題を解決しており、コンセプト通りの極めてエッジの効いたスクエアシェイプが実現された。また、一体型ストラップに、バイオ由来素材のエッジトゥエッジガラスが新たに採用されたことで、非常に現代的な個性も与えられている。

バッテリーカバーには、GENTウォッチの40周年を記念するトリビュートデザインが採用されている。また、カラーリングについても、初代モデルのデザイン美学を現代風に再解釈した4カラーが用意されている。

 内蔵するクオーツムーブメントは曜日、日付表示を備えており、針には夜光が塗布済み。33×33mmのミニマルサイズで扱いやすいため、デイリーユースに向いたスクエアシェイプモデルとして活躍が期待できるだろう。

 BIOCERAMIC WHAT IF?はスイス建国記念日にあたる8月1日より、公式オンラインストアおよびスウォッチの店頭で発売中だ。