ムーンフェイズ文字盤のシンプルな大型3針時計

ムーンフェイズ文字盤のシンプルな大型3針時計

ムーンフェイズは、多くの女性が腕時計を購入する際に検討する機能です。 シンプルな3針時計にムーンフェイズの文字盤があるのも女性らしさを演出し、ムーンフェイズ時計と女性の組み合わせは、女性らしさや優しさを最大限に引き出してくれることでしょう。

ブランパン クラシック ムーンフェイズ
型番:61061127MMB
直径:23.70mm
厚み:10.35mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:913QL
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30m
理由:ムーンフェイズ表示といえば、クラシック時計の生みの親であり、スイスの高級機械式時計ブランドであるブランパンを挙げざるを得ません。 6時位置のムーンフェイズ表示は、まさに「月下美人」であり、微笑む口角のビューティマークは、挑発的で遊び心に満ちた姿勢を表現しています。

デートムーンフェイズ ミディアム
型番:REF.3578430
直径:34mm
厚さ:9.56mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:925A/1
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50m
理由: この「ジャガー・ルクルト ランデヴー ムーンフェイズ」は、スチール製ケースの6時位置にディープブルーのラッカー仕上げスターダイヤルを配し、シルバーのギョーシェ文字盤には2列のブリリアントカット・ダイヤモンドがセットされ、ランデヴーの特徴であるブルースチール製の針とファンシーインデックスと微妙に呼応するように配置されています。 自動巻きキャリバー925A/1を搭載し、40時間のパワーリザーブを備えています。 この外装は、ジャガー・ルクルトの伝統的な控えめで落ち着いたスタイルを継承しており、気難しい女性にとって最高の選択となる洗練されたエレガンスを備えています。

パルミジャーニ トンダ ウォッチ
型番:PFC283-0063500-XC2421
直径:33.7mm
厚さ:9.6mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:PF318
ケース素材:スチール、ダイヤモンド
防水性能:30メートル
理由:このパルミジャーニトンダシリーズTondaMétropolitaineSelene時計の直径33.7ミリメートル、作成するために真珠母に時計の文字盤、およびブリリアントカットダイヤモンドベゼルを設定し、きらびやか。 文字板の上部には赤茶色の月が装飾され、空に浮かぶ月の輝きを再現しています。 文字盤の中央には蓮の花のモチーフが施され、この時計のデザインと象徴的なデザインを仕上げています。 ムーンフェイズ機能を搭載した自社製ムーブメント「キャリバーPF318」を搭載しています。

結論から言うと、ムーンフェイズのサブダイヤルが変化することで、その日の月の動きを知ることができ、時計に面白さを加え、現代女性が日常生活で醸し出すエレガンスを表現しています。

新しいスポーツ体験。 ブライトリング プロフェッショナル スポーツウォッチ。

新しいスポーツ体験。 ブライトリング プロフェッショナル スポーツウォッチ。

航空、航海、ダイビングなど特定の分野のニーズに合わせて常に製品を提供しているブライトリングは、スポーツウォッチの分野でも先進的な取り組みを行っており、今年はプロのアスリートと日常のレジャースポーツ活動の両方のニーズを考慮した新しいプロフェッショナル・エンデュランス・ウォッチを発表しました。 高精度、革新的な技術、ダイナミックなカラーパレットを組み合わせた理想的なラグジュアリースポーツウォッチとして、多くのプロスポーツ選手やスポーツ愛好家を魅了しています。 (腕時計型番:X82310A71B1S1)

ブライトリング プロフェッショナル スポーツウォッチ イラスト

動作中の時計です。

1970年代にブライトリングが発売したスプリントウォッチにインスパイアされ、ジュネーブ・ウォッチ・デイで衝撃的なデビューを果たしたこの時計は、今日鑑賞するホワイトをテーマにしたモデルのほか、オレンジ、ブルー、レッド、グレーの4色が用意されており、カラフルで鮮やかな外観が特徴的です。

この時計のケースには、ブライトリングが2016年に発表した革新的な軽量高性能素材「ブライトライト」が採用されており、チタンの3.3倍、スチールの5.8倍の軽さで、アスリートが日々のトレーニングやスポーツ活動を行う際に十分な軽さを実現しています。 さらに、ブライトライト®は非磁性、熱安定性、低アレルギー性であるため、傷や摩擦、腐食に対して非常に強い耐性を持っています。

ブラックの両方向回転ベゼルには、東、南、西、北の4つの基本コンパスポイントが刻まれ、上部目盛りは時計全体のスタイルに合わせたホワイトで描かれています。 さらによく見ると、ベゼルには温かみのある繊細なテクスチャーが施され、デザインのオリジナリティを際立たせています。

多くの時計愛好家がスポーツウォッチに出会い、市場に溢れる中、このブライトリングの高級スポーツウォッチは、プロの競技に焦点を当て、スポーツウォッチを極限まで高めています。 インナーベゼルには、運動時の心拍数をリアルタイムで把握できる実用的なパルソメーター目盛りを配し、6時位置のスモールセコンド、3時位置の1/10秒計、9時位置の30分累積計にはレコードパターンのデザインを採用し、時計全体の強靭さに柔らかさを添えています。 また、4時と5時の間には日付表示窓があり、これらの機能は普段着でもアウトドアでも、着用者のニーズに十二分に応えてくれます。

ブラックの文字盤にホワイトの数字と針が映え、アワーマーカーは「3」「6」「9」と拡大され、読みやすくなっています。 ご存知のように、ブライトリングの新作はほとんどが新しい「B」ロゴを採用していますが、このモデルはスポーティなトーンに合わせ、これまでの小さな翼を踏襲しています。

インデックスと針にはスーパールミノバ®を塗布し、夜間でも鮮明な読み取りを可能にしました。

文字盤の片側にはクロノグラフのプッシュボタンとリューズがあり、その上にはブライトリングの象徴的なロゴが刻まれ、ブランドの文化的遺産を強調しています。

インナーベゼルと同色のダイバープロラバーストラップは、ブライトライト®のブラックダブルピンバックルで固定されています。 また、ブライトリングでは、時計に彩りを添えるOuterknownECONYL®糸のNATOストラップをオプションで用意していることも特筆に値するでしょう。

ブライトリングはこの時計にスーパークォーツ™ムーブメント技術を採用しました。 クロノメーター認定のキャリバー82は、通常のクォーツムーブメントの10倍以上の精度を誇り、100mの防水性を備えています。 ムーブメントを保護する気密性の高い裏蓋を採用。

白のテーマは他の色に比べて控えめなので、ほとんどの場面で無理なく着こなせると思います。

ポルトガルの伝説的人物、ルイス・フィーゴが着用していた腕時計をご覧ください。

ポルトガルの伝説的人物、ルイス・フィーゴが着用していた腕時計をご覧ください。

ポルトガルの伝説的なサッカー選手であるルイス・フィーゴは、現役を退いて久しいですが、健康維持のために極めて規律正しいアプローチをとっていることが、しばしばマスコミに取り上げられています。 同世代で最も偉大な選手の一人とみなされており、いくつもの栄誉を手にしている。

72年生まれのフィーゴは、ポルトガルのスポルティング・リスボンでサッカー人生をスタートさせ、母国リーグで6年間活躍した後、95年にバルセロナに移籍、ラウドルップの退団による穴を適応なく埋めることになった。 ユーロ2000では、ポルトガル代表として素晴らしい活躍を見せ、優勝こそ逃したものの、多くのメディアに取り上げられ、ジネディーヌ・ジダンやシェプチェンコ、ラウル、アンリなどのスター選手を抑え、バロンドールを獲得した。 同年、バルセロナとの給与問題からフィーゴは宿敵レアル・マドリードに移籍、5610万ドルの移籍金で再び移籍記録を塗り替え、レアル・マドリードでの1年目にチームでリーガ・エスパニョーラ優勝を果たし、翌年にはジネディーヌ・ジダンの加入でギャラクティコスは形を変え、ジダンはレバークーゼンに華々しい世界一の勝利を収めレアル・マドリードに9度目のチャンピオンズリーグのトロフィーをもたらしたのである。 しかし、ギャラクティコスがもたらした巨大な商業的価値とは対照的に、成績は低迷し、’05年にフィコがインテルに移籍したことが、ギャラクティコスが崩壊した最初の局面を象徴している。 インテルでのキャリア終盤、フィーコはセリエA4連覇に貢献し、’09年に契約満了で現役を退いた。

フィーコのプレースタイルは、特に物理的ではありませんでした、彼の純粋な、繊細なスキルと側に機会を作成するシフトのリズムを制御する優れた能力に依存して、フィーコの低い頭と腰の右側には、パドルとバックルは皆を渡しますが、また頻繁に他のディフェンダーに状況を振って、ディフェンダーがキャッチアップ、フィーコ再び揺れとクロス、最初のディフェンダーは地面に揺さぶるように起き上がれないことでした。 フィーゴのパスは、サッカー界でもトップクラスで、非常に広いパス視野と正確さ、予測力を兼ね備えている。 そのため、右サイドの攻撃の王様という評価を得ているが、フィーコは右サイドだけが得意なのではなく、試合中に左右を入れ替えることもできる。

なぜ今日フィーコを取り上げたかというと、2020年のワールドフットボールオブザイヤーのレヴィンが選んだ時計はすでに紹介したので、20年前のワールドフットボールオブザイヤーのフィーコが選んだ時計を紹介したかったのと、フィーコ自身が時計好きということもあるんです。

Jacob&Co.は、1986年にJacobAraboによってニューヨークの賑やかなダイヤモンド地区に設立されました。 設立当初は、個人顧客のためのオーダーメイドジュエリー専門ブランドでしたが、その後、時計のデザインも始めました。 このブランドは、美しさと動きと独自性の創造をデザインの中心に据え、不可能からインスピレーションを得てデザイン哲学に固執し、伝統を尊重し、その結果、新しい価値を創造します。 TheOperaコレクションの名付け親であり、スーパーカーメーカーであるブガッティとのいくつかのコラボレーションでおなじみのアストロノミー・トゥールビヨンなど、ブランドの革命的な時計とジュエリーのコレクションが、エレガントでユニークなコレクションに生まれ変わったのです。 また、Jacob & Co.は19年にレオ・メッシと契約し、EPICXCHRONO Messi Editionを発売、数々の国際的な賞を受賞し、最高のコラボレーションに選ばれた。 また、マドンナ、ベッカム、クロウといった多くの著名人が愛用するように、ファッション界では、ヴァレンティノの創業者ヴァレンティノ・ガラヴァーニや、オフホワイトの創業者でルイヴィトンメンズウェアのアーティスティックディレクター、ヴァージル・アブローも愛用しています。

2018年にさかのぼるヤコブ&カンパニーは、リオネル・メッシとのコラボレーションの1年前にフィーゴとのコラボレーションを発表し、3つの素材バリエーション18Kローズゴールド、ブラックDLCチタン、チタンの限定ウォッチシリーズ「EPICXCHRONOLUISFIGO」を発表しました。ブランドのスポーツウォッチ「EPICX」の魅力は、その点にあります。 筐体のXデザインは、ユニークで一目でわかるデザインです。

フィーコの時計のメインモデルは、18Kピンクゴールドとチタンを使用し、直径47mm、厚さ14mmとなっています。 サイドのねじ込み式リューズは、リューズガードとしてデザインされた2つの大きなクロノグラフプッシャーで保護されており、すべての防水設計により200m防水となっています。 ベゼルはブラックセラミック製で、ケースからベゼル、そして文字盤へと伸びるX字型のデザインを見ることができます。 透明なミネラルクリスタルの文字盤からは、左上にバランスホイール、6時位置に極めて完全に巻き上げたスケルトン香箱があり、セミスケルトンムーブメントの動きを視覚的にもはっきりと確認することができます。 文字盤の外周には、ダイビングスケールを備えた回転式インナーベゼルが装備され、10時位置のリューズで操作します。10分のマーカーは、フィーコのジャージーナンバーでもある10を意図的にレッドでマーキングしています。 2つのローズゴールド製カウンター、3時位置の30分積算計、9時位置のスモールセコンド針、そして中央に赤いクロノグラフ秒針を備えています。 また、ケースバックにはフィーコのサインが刻まれ、チェコ・レオパードJCAA05スケルトン自動巻きクロノグラフムーブメントが搭載されています。このムーブメントは、クロノグラフ機能を作動させるコラムホイールを備え、毎時4Hzで作動し、完全に巻き上げると48時間のパワーリザーブとなるハイエンドクロノグラフムーブメントです。 ブラックのアリゲーターレザーストラップと18Kピンクゴールドのバックルが付属しています。

このJacob & Co.とのコラボレーションで、他のブランドを身につけることをやめず、ロレックスを愛用しているそうです。
SNSにアップされたこの写真では、2017年にBacs&Russoと共同でニューヨークのオークションハウスFoyezに出品したロレックス Ref.6239 “Paul Newman” Ditonerを左手に装着しているのも特徴的だ。 ニューヨークで開催された「WinningIcons – Legendary Watches of 20th Century」オークションでは、1550万ドルにバイヤー手数料を加え、総額1775万2500ドル(約1億2000万円)で落札されました。 フィーゴの6239は黒文字盤で、海外のプレスは25万ドルという見積もりを出しているようですが、現在の為替レートでは161万ドルに相当します。

フィコにはこのほか、2011年のバーゼルワールドで発表されたベルト付きのディアゴナルというシリーズがあり、アイボリー文字盤とコーヒー色の文字盤の2モデルがあり、個人的にはベルト付きのディアゴナルはちょっとミスマッチな気がしていたが、このアイボリー文字盤は本当に美しく、フィコの針もとてもよく映えている。 また、ハイテクセラミックス製のブラックセラクロムベゼルを採用した初のディアゴナルです。 ケースは18Kエターナルローズゴールド製で、直径は40mmです。 この時計は生産中止となり、ロレックスのウェブサイトはこのページからは見ることができません。

また、フィーコのコレクションでは、このロレックスGMT II インターゴールド サッシュが、5石ペプシベゼルや、当時GMTトリオとも呼ばれたオールゴールドのサッシュベゼルとともにバーゼルワールド2018で発表されています。 また、サッシュの語源は、黒と茶の配色のサークルの外国名、ルートビアツリーのルートフィズで、黒松サッシュフィズと訳されています。 永遠のローズゴールドとステンレススチール製で、直径40mm、ブラウンとブラックのツートンカラーのセラクロム24時間目盛り付きベゼル、第2時間帯を示すのに使われるブラックダイヤルの三角形のGMT針、そして3時位置に凸型の日付表示付き小窓が備わっています。 クロノジー脱進機とパラクロムヘアスプリングを搭載し、衝撃や温度変化に強いキャリバー3285を搭載し、約70時間のパワーリザーブを備えています。 また、この時計のインターゴールドブレスレットは、エターナルローズゴールドとスチールを組み合わせて作られています。 ただ、フィーゴのSNSに掲載されている写真が鮮明なため、私にはちょっと古いインターゴールドのGMTにも見えるので、どのモデルなのか見てみましょうか。

フィーゴはロレックスの他に、パテックフィリップのノーチラス5712Rも着用しており、こちらもレザーストラップのスポーツモデルである。 丸みを帯びた八角形のベゼルと、ピンクゴールドのさりげなく個性的な舷窓構造が、このスポーティウォッチのエレガンスを高めています。 また、5712のハイライトであるダイヤル表示は、横長のレリーフ模様が施されたダイヤルにスモールセコンドとカレンダー、ムーンフェイズのサークル、そしてセクター型のパワーリザーブインジケータを備えています。 時針と分針にはゴールドのアプライド夜光塗料が塗布されています。 48時間パワーリザーブのCal.240PSIRMCLUムーブメントを搭載し、美しく磨き上げられたムーブメントは、パールトゥールビヨンにパテックフィリップのカラトラバクロスが施された透明ケースバックから直接鑑賞することができます。 光沢のあるブラックのアリゲーターレザーストラップとフォールディングクラスプが付属し、中国での価格は389’100人民元となっています。

フィーコは、雑誌の撮影時にピンクゴールドのRICHARDMILLERM030を着用している写真があります。フィーコは、RMの時計を選ぶ数少ない欧州サッカー選手でもあり、上記で述べたように彼は特に時計のニュースやリシャール・ミレの情報が好きで、最も好きなブランドです。RM030モデルは、クラッチ式ローターを搭載した自動巻き時計です。 ピンクゴールドのアイコニックなトノーケースを採用し、5段のチタン製地板とブリッジが透かし彫りのダイヤルの間に見え、7時位置にセミインスタントカレンダー窓、9時位置にパワーリザーブ窓を備えています。

12時位置のONOFF針がデザインのポイントになっています。 スケルトンの自動巻きムーブメントRMAR1は、完全に巻き上げると55時間のパワーリザーブを発揮し、リシャール・ミレが4年の歳月をかけて開発した特許取得のクラッチ式可変形状ローターを搭載しています。 従来の巻き上げ方式は、完全に巻き上げられた後、香箱の中で回転するキャリッジに依存していましたが、特に着用者の動きが多くなると、キャリッジが時間の経過とともに香箱の中でブレーキがかかり、時計内に有害なゴミが蓄積し、精密な計時に影響を及ぼす可能性があります。 パワーリザーブが50時間に達すると、特別に開発された歯車機構により、ローターが自動的に外れ、それ以降は香箱を巻き上げることはありません。 この設計により、ムーブメントと振動錘のトルク動力比が長期にわたって理想的な一定値に保たれ、クロノメーターとしての性能が発揮されます。 12時位置のワインディング・インジケーターは、巻上げ状態を確認する役割を担い、ローターの巻上げがオンかオフかを知るのに役立ちます。

結論:フィーコは長年引退しており、15年のFIFA会長選出馬を辞退してからは、徐々にサッカー界から遠ざかり、生活の中心を再び家庭に移し、奥さんと3人の娘に尽くしているが、レジェンドの各種親善試合に出席するたびに、フィールドでは献身的にパフォーマンスを行い、傍観者として常にあらゆるボールを争奪している。 また、ウォッチニュースでウォッチフレンドと交流しており、ポルトガル語でチャットする姿はなかなか難しいのですが、ネット上で人を嫌がる姿を見ると楽しくなることもあります。 ジャックポットのアンバサダーといえども、他のブランドを身につけることを妨げられることはない。 特に好みのマッチングを挙げるとすれば、レザーストラップのスポーツモデルだろうというのが、彼の個人的な好みなのだろう。

タグ・ホイヤーのモナコにひねりを加えたモデルです。

タグ・ホイヤーのモナコにひねりを加えたモデルです。

2019年は、アイコニックなモナココレクションの50周年にあたり、タグ・ホイヤーはアバンギャルドでタイムレスなデザインの5つのスペシャルエディションで祝います。

モータースポーツとクロノグラフの黄金期であった1969年に誕生した「モナコ」は、有名なF1サーキットにちなんで名づけられました。タグ・ホイヤーは、モナコの特徴的なスクエアケース、世界初の自動巻きクロノグラフのひとつであるキャリバー11により、業界に革命を起こしました。 この時計の特徴は、ケースの左側にあるリューズで、手巻きでないことを常に意識させることです。 モナコ」の人気はセレブリティ効果もあって、発売の翌年には映画「ル・マン」に登場し、スティーブ・マックイーンが劇中で「モナコ」を着用した。 マックイーンの見事な演技とモータースポーツの華やかさで、スクエアウォッチはスクリーンでもヒットし、より多くの人に知られ、このユニークな形状が好まれたのである。 時計界に旋風を巻き起こした。

スチール製のスクエアケースは直径39mmと、手首の大きさを選ばない控えめなサイズです。 スチール製のケースはきめ細かなサテン仕上げで、両面反射防止加工を施した面取りサファイアクリスタル、特徴的なスクエアフォルムは50年以上経った現在でも際立っています。

タグ・ホイヤーは、より良い使用感を得るために、モナコ・コレクションでは左利き用に加えて、右利き用も用意しており、新モデルにもその大部分が採用されています。 右側リューズの上部にはブランドの紋章が刻まれ、周囲には滑り止めのピット加工が施されています。上下のプッシャーはクロノグラフ用プッシャーで、ケースは100m防水仕様となっています。

新しいモナコは1970年代にインスパイアされたもので、個人的にはブルーよりもブラックの文字盤の方が、放射状に広がるサンバースト模様が全体的な視覚効果やオーラに優れていて好きです。

文字盤には3つのサブダイヤルがあり、黒地に白のフロスト・クロノグラフのサブダイヤル2つと赤い針、3時位置に30分計、6時位置にクロスラインの秒計と黒地に白文字の日付窓、9時位置に12時間計と中央に赤いクロノグラフ秒針、ロジウム仕上げのインデックスと剣型針で時間を表示します。

針とアワーマーカーには、写真のように、暗い場所での視認性を確保するために、白いスーパールミノバ®夜光塗料を塗布しています。

裏蓋はシースルーになっており、コート・ド・ジュネーブ装飾とブラックの透かし彫りローターを備えたマニュファクチュール製ホイヤー02自動巻きムーブメントに直接アクセスすることができます。 ムーブメントは毎時28,800振動で、精度と完全に巻き上げた場合の最長80時間のパワーリザーブを保証しています。

モナコ」コレクションでよく使われる、よりレーシングに近いパンチングストラップではなく、ダブルセキュリティのプッシュボタン式スチール製フォールディングクラスプとクラスプ上部にブランドの紋章が刻まれたブラックアリゲーターストラップを付属し、レザーストラップの装着感もよく、スチールブレスレットより軽量に仕上がっています。

全体として、昨年10月に発売されたタグ・ホイヤーの新モデル「モナコ ブラックディスク ベルト」は、デザインと性能を兼ね備えた非常に優れた時計で、タグ・ホイヤーの優れた時計製造技術を継承しています。 しかし、『デスペラード』でピンキーがオールドホワイトにモナコを渡したモデルや、マックイーンが着用していたモデルはいずれもブループレートなので、ブラックプレートのモデルだけではクラシック感や認知度が低く感じるかもしれません。 また、ブラックプレートは、湾岸油田の塗装プレートと比べるとスポーティさやカラフルさは劣りますが、他のモデルよりも都会的で、汎用性が高く普段使いにも適している点が特徴です。

ハイバリューでハイクラスな選択です。 一味違うゼニス。

ハイバリューでハイクラスな選択です。 一味違うゼニス。

現在、ゼニスは常に「アバンギャルド、個性的」といった言葉で知られる先駆的な時計ブランドとして、消費者に認識されています。 しかし今日ご紹介するのは、オーソドックスなビジネスライクウォッチとは異なる、非常に汎用性の高いスタイルです。ゼニス エリートコレクションは、20世紀半ばの時計製造モデルに由来するシンプルでエレガントかつモダンなデザインで、ゼニス独自のデザインの魅力を提示しています。

ゼニス エリート」コレクションは、同ブランドが昨年発表した新しいデザインコンセプトで、従来の神秘的なスケルトンデザインから一転、よりビジネスライクで、一般ユーザーの審美眼にかなう時計を提案するものです。

今回ご紹介するモデルは、エリートコレクションのエレガントで紳士的なメンズムーンフェイズウォッチです。 貴金属である18Kピンクゴールドの丸みを帯びたシンプルなケースに、側面をポリッシュ仕上げにして繊細な金属の美しさを表現し、40.5mmというフォーマルウォッチに最適なサイズに仕上げています。

特に、細く磨き上げられたローズゴールドのベゼルは、洗練された印象を与えます。

サイドには滑り止めの付いたリューズ、トップにはゼニスのロゴが刻まれています

シンプルで明快な文字盤のレイアウトがさらに人を夢中にさせる現代において、ゼニスのエレガントなリデザイン文字盤は際立った存在感を放っています。 その高貴さと気品は、爽やかなホワイトカラーと相まって、現代的で洗練された紳士の全体的な華やかさを演出しています。

ダークブルーのトラック文字盤にヴィンテージ感を演出

6時位置のムーンフェイズ表示には、深いブルーの夜空を背景に金色の月ときらめく星が描かれています。

スリムで流麗な「タフィー」針と、ファセット仕上げとポリッシュ仕上げのテーパードアワーインデックス

また、ゼニスは文字盤にサンバーストモチーフを取り入れ、さまざまな光に照らされることで光と影のインタラクティブな効果を生み出し、腕を振りながら時間の経過を感じられるほど鮮やかで繊細な時計に仕上がっています。

ゼニスはこの時計に、内側に保護用のラバーライニングを施したブルーのアリゲーターレザーストラップとピンクゴールドのピンバックルを装着しています。

時計の底面はバックシースルーになっており、サファイアガラスのケースバックからは、ゼニスの象徴であるファイブポインテッドスターが静かに回転する、美しいスケルトンのローターをはっきりと観察することができます。 時計内部には、ムーンフェイズ表示とストップセコンド機構を備えた超薄型のエリート692ムーブメントが搭載されており、部品点数195個、毎時28,800振動、完全に巻き上げた状態で約50時間のパワーリザーブを実現しています。

結論:上記のエレガントで高級感のあるゼニス エリート ムーンフェイズは、スーツを着用し、フォーマルなイベントに出席する必要がある男性に最適な、フォーマル度の高い時計です。 また、女性用の36mmサイズもあり、特別な日のためのカップルウォッチとしても最適です。